イムラアートギャラリー [京都/東京]

HOME > EXHIBITION > tokyo > Past > 橋爪彩 個展 「After Image of the Red Shoes」

この度イムラアートギャラリー東京では、橋爪彩個展「After Image of the Red Shoes」を開催いたします。

橋爪彩(1980年東京生)は東京芸術大学修士課程修了後、2005年からベルリン、2009年からはパリへと制作拠点を移し、昨年秋に帰国いたしました。2004年にシェル美術賞岡部あおみ審査員奨励賞を受賞、海外滞在中も「所沢ビエンナーレ引込線」(2009年)に出品するなど高い評価を受けています。
帰国後初となる本展覧会では、ベルリン滞在中の2007年から取り組んでいる「Red Shoes Diary」と、2010年より生まれた「After Image」という2つのテーマの作品群を展示いたします。

「美術に囚われ作家となった為に遠く欧州まで赴き、見知らぬ土地で日々障害と遭遇して傷だらけになっても描くことを辞められない自分は童話『赤い靴』の主人公カレンによく似ている。」と橋爪は記しています。
「Red Shoes Diary」は、橋爪にとっての魔術的オブジェクトである赤い靴を作品に昇華したシリーズです。

「After Image」は、「Red Shoes Diary」で確立された感性と橋爪の高度なテクニックによる伝統的西洋絵画のアップデート。橋爪は、ヨーロッパ滞在により生まれたこの2つのテーマで、パーソナルなリアリティから出発し、西洋中心の美術観に対する問題提起へと大きく展開しています。

本展では120号の新作を含む約10点を展示いたします。ご高覧いただきますようお願い申し上げます。

  


 

after image(独語:Nachbild)はゲーテが色彩論の中で展開した言葉の一つであり、「残像」を意味する。
約四年半に渡る欧州滞在で、私は亡霊のように実像なく立ち上がる残像を数多く目にした。
特に美術において、もはや残像と呼ぶしかない過去の栄華を今だに賛美する様子は妄執そのものであり、世界が光の早さで繋がってしまう現代で取り残された印象を強く与えている。
私はアーティストとしてその時代錯誤な保守性に疑問を持ち、これからしばらくの制作のテーマとしたいと思った。すべてが同じ地平から見渡す事が可能な現在なら本来西洋美術の文脈から遠く離れていた私たちにもその虚像を破壊し再生する事が可能であり、エトランジェだからこそ複雑な多様性を与えられるのではないだろうか。
今回制作にあたり選んだモチーフや技術は伝統的な西洋絵画を意識的にトレースしたものだ。
加えて私が嫌悪するテーマのモチーフばかりをあえて多く集めている。
着手してからまだ日の浅いテーマではあるが、このafter imageシリーズを私からの西洋中心の美術への贈与の一撃、すなわちGift(独語で「毒」)としたい。

今回の展示はこの新しいシリーズと欧州で制作した前シリーズ「Red Shoes Diary」をブリッジする内容となっている。
2007年から描かれたこの旧シリーズは、欧州での私の様子が童話赤い靴のストーリーによく似ている事から立ち上がり、昨年日本へ帰国するまで従事した。
二つの大きく異なるテーマを抱えた展示だが、これは形骸的なジャポニズムばかりをあえて評価し、自分たちの土俵になかなか私たちを上がらせたがらない西洋美術へのアプローチである。

橋爪彩

期間: 2011年3月26日(土)~ 4月23日(土)
日時: 12:00~19:00(日月祝休)
会場: イムラアートギャラリー東京

■オープニングレセプション:2011年3月26日(土)18:00~

■東京アートウィーク×神楽坂アートコンプレックス Dialogues in Kagurazaka
 「橋爪彩×島田雅彦×渋谷慶一郎 -美術・文学・音楽 つくるということ-」
 日時:2011年4月1日(金)19:30 ~ 20:30
会場:イムラアートギャラリー東京

作家情報および作品画像はこちら: 橋爪彩

tokyo

橋爪彩 個展 「After Image of the Red Shoes」
2011年3月26日(土)~ 4月23日(土)
NAVIGATION
  • HOME
  • EXHIBITION
  • NEWS
  • ARTISTS
  • ABOUT
get in touch
  • ABOUT
  • CONTACT US
page top