イムラアートギャラリー [京都/東京]

HOME > EXHIBITION > kyoto > Past > 染谷聡 個展「咀嚼する加飾Ⅱ」

この度、イムラアートギャラリー京都では、染谷聡個展「咀嚼する加飾Ⅱ」を開催いたします。

「加飾」とは漆芸において蒔絵等の技法をあらす技術用語ですが、染谷は自身にとって「加飾」は素材と技術の余白を埋める為の行為である、と言います。

染谷はこれまで、動物や人体などの有機的な曲線が強調されたフォルムを持つ胎(たい)とよばれる素地の上に、蒔絵や螺鈿、沈金でポップな図柄を描いた作品を制作してきました。こうした加飾表現は、作家自身の記憶や日常、イメージを表出するための行為でもありました。

現在は、漆を全体に塗る行為自体も加飾と捉え、従来の塗り技法とは異なる方法をとり、そこに自然と浮かび上がる模様をも装飾として描き起こしています。加飾という言葉を単なる技法や技術をしめす言葉ではなく、文様を描くということからものを飾るということも含めた、飾りを加えるという幅広い「行為」として捉え、探求し続けています。

7月にイムラアートギャラリー東京で展示した作品に約8点の新作を加え展示いたします。イムラアートギャラリー京都では4度目となる個展です。是非ご高覧ください。

--------------
等身大の文様を模索し描くこと。
加飾のための胎(かたち)をつくり出すこと。
ありもの(素材)を胎とし、その飾りをあらわすこと。
僕にとって加飾は、素材と技術の余白を埋めるための行為なのです。

染谷聡
--------------

期間: 2014年10月18日(土)〜11月8日(土)
日時: 11:00〜19:00(日月祝休)
会場: イムラアートギャラリー京都
作家情報および作品画像はこちら: 染谷聡

kyoto

染谷聡 個展「咀嚼する加飾Ⅱ」
2014年10月18日(土)〜11月8日(土)
NAVIGATION
  • HOME
  • EXHIBITION
  • NEWS
  • ARTISTS
  • ABOUT
get in touch
  • ABOUT
  • CONTACT US
page top