イムラアートギャラリー [京都/東京]

HOME > 検索結果

タグ「Etsuko KAWAMURA」が付けられているもの

この度イムラアートギャラリーでは「川村悦子 自然のかたちを求めて」を開催いたします。

川村悦子の作品を前にした者は誰もが、その卓越した技術と美しさに圧倒されます。油絵具のマチエールを際立たせるのではなく、何層も塗り重ねることによって描か れた画面は、まるで日本画のような気品さと透明感にあふれています。

これまで川村が描いた自然の姿、「蓮」や「樹木」などは、時に力強く、時に繊細で、 それはまるで私たち人間の姿のようにも見えます。川村の命あるものへの深い眼差し、 私たちはそれを感じ、川村の作品に感動するのではないでしょうか。

本展では新作5点をメインに展示いたします。 是非ご高覧ください。


ARTIST STATEMENT

最近、箔を絵のなかに用いるようになった。 均一で光りを跳ね返す豪快さと、箔特有の無機質な冷たさが、揺れ惑う油彩画面に、 一種の威厳と自信を添えてくれる。

私を動かすのは、描く対象を追い求めるなかで、 その芯の部分に迫ろうとするほどに遠のく対象の存在の不確定さだ。手許を凝視しながら 時々その手許が巨大な象のようにも、 あるいはひとかけらの小さな豆粒のようにも感じ られるのは、単なる視力の疲労によるものかもしれないが、こういった幻覚体験は絵描き の密かな愉しみともいえる。

普段は見えない日常の裂け目が、ぽっかりと口を開け、 自然のさまざまな現れと交歓できる幸せな時間が待っている。箔は意外に面白い裂け目を 見つけだす視覚の入口でもある。

川村悦子

 

 

1
NAVIGATION
  • HOME
  • EXHIBITION
  • NEWS
  • ARTISTS
  • ABOUT
get in touch
  • ABOUT
  • CONTACT US
page top