イムラアートギャラリー [京都/東京]

HOME > 検索結果

タグ「Kundo Koyama」が付けられているもの

イムラアートギャラリー東京では、「ニッポン画」を提唱する山本太郎の個展を開催いたします。山本の描くニッポン画は、日本の昔の絵画を現代の視点で再構成したものです。多層的で混沌とした現代の日本社会を、可笑しみと愛おしさをもって描きます。

本展覧会では、日本古来の暦である二十四節気がテーマの作品シリーズを展示いたします。このシリーズは、放送作家である小山薫堂氏の依頼で制作され、小山氏がプロデュースする京都の老舗料亭、下鴨茶寮のスタッフの名刺デザインとして使用されることが決まっています。小山氏は、故郷熊本の様々なプロジェクトを手掛け、いまや全国で人気の熊本県PRキャラクター「くまモン」の発案者でもあります。同じく熊本出身の山本とのコラボレーションにより今回のシリーズ制作が企画されました。二十四節気とは、春夏秋冬の四季をさらに6つに分けた24の季節を表すもので、日本人の生活に密着した暦として使われてきました。二十四それぞれの季節に名前がつけられ、その時節の行事は大切に受け継がれています。季節に対する繊細な感覚が日々の暮らしの中に息づいている日本ならではの光景といえるでしょう。日本に昔から伝わる暦を、山本ならではの視点で再構成した今回のシリーズは、まさにニッポン画の精神そのものです。本展では、京都にて展示された18点に、新たに制作した6点を加え二十四の季節を一堂に揃え展示いたします。季節の移ろいのなかに描かれる、変わらない四季の美しさと変わりゆく日本の姿の共演をぜひご高覧ください。

本展は放送作家として活躍している小山薫堂氏とのコラボレーションにより実現する展覧会です。

日本はそれぞれの季節ごとに違った表情をみせる、四季折々に美しい国です。そんな移ろい行く時間を昔の人たちは24の季節に分け、それぞれに名前をつけ楽しみとしたり、実際の生活の中で活用したりしました。それが二十四節季と呼ばれるものです。また、年中行事もその季節に合わせて発展し、一年を通してお祭りのない季節はないといっても良いくらいです。日本、特に京都の文化に強い思い入れと深い理解を持つ小山氏は、現代においても息づいている微かな気候の移ろいを感じ取る日本人の感性をテーマとした、二十四節季の作品シリーズ制作を山本に依頼しました。小山氏は全国でも人気の高い熊本県PRマスコットキャラクター「くまモン」の発案に携わるなど生まれ故郷である熊本への強い思いから様々なプロジェクトを手掛けています。山本も同じく熊本出身、という繋がりをきっかけに今回のプロジェクトは発足しました。

本展覧会では24作品のうち18点を展示、その後秋(9月21日(土)~10月20日(日)を予定)にイムラアートギャラリー東京にて残りの6枚を加えた24枚全てを展示致します。シリーズ完成後には小山氏が亭主及びプロデューサーを務める、安政三年(1856年)創業の京都の老舗料亭、下鴨茶寮スタッフが使用する名刺デザインに起用されることが決定しています。
季節や年中行事は歴史の中繰り返し題材とされ描かれてきました。その伝統を受け継ぎながら、平成のニッポン画家、山本太郎が独自の視点から描き出す表情豊かな日本の季節を是非ご高覧ください。

なお、7月15日(月祝)には小山氏を迎えトークショー、オープニングレセプションを開催致します。 是非お運び下さいませ。

1
NAVIGATION
  • HOME
  • EXHIBITION
  • NEWS
  • ARTISTS
  • ABOUT
get in touch
  • ABOUT
  • CONTACT US
page top