イムラアートギャラリー [京都/東京]

HOME > 検索結果

タグ「ZIPANGU」が付けられているもの

会場:秋田県立近代美術館
会期:2013年9月14日(土)~11月10日(日)
出品作家:上田順平、佐藤雅晴、三瀬夏之介、山﨑史生、山本太郎、渡邊佳織

イムラアートギャラリー京都では、5年ぶりとなる木彫作家、山﨑史生の個展を開催いたします。

山﨑は、1本の木から彫り出す技法「一木造り」を用いて、楠に彩色を施しています。
2006年から取り組んでいる「静かな隣人」シリーズは、子供の胴体に家畜の頭という、擬人化された造形で、それらに共通するのはどこか寂しげで儚い眼差しです。
静謐な空気感と同時にどこかゆがみやアンバランスさも感じさせ、独特な存在感を放ちます。

「僕の作品が異形の姿をしているのは、その存在の曖昧さに制作者としての自分を投影し、形あるものにすることで肯定したい気持ちがあるからかもしれない」と、山﨑は言います。

長い時間を費やし、木と向き合い、自分自身と向き合い、生み出された作品は何らかの気配を感じさせます。
楠が持つ独特の芳香、滑らかで美しい木肌、そして山﨑の確かな技術で削り出された造形は見る者を穏やかに包み込みます。

近年はジパング展(日本橋高島屋、大阪高島屋、京都高島屋、新潟万代島美術館、秋田県立近代美術館に巡回)に出品し、注目を集めました。
静かに凛と佇む山﨑の最新作を是非ご高覧ください。  

   

会場:八戸市美術館(青森)
会期:2013年7月13日(土)~8月25日(日)
出品作家:上田順平、佐藤雅晴、三瀬夏之介、山本太郎、渡邊佳織

会場:高崎市美術館(群馬)
会期:2013年4月7日(日)~6月16日(日)
出品作家:上田順平、佐藤雅晴、三瀬夏之介、山﨑史生、山本太郎、渡邊佳織

この度、イムラアートギャラリー東京では「ジパング展」(2011年6月1日より日本橋髙島屋にて開催)の関連企画といたしまして、ジパング展出品作家、上田順平 ・ 染谷聡 ・ 渡邊佳織の3名によるグループ展「Jumpei UEDA / Satoshi SOMEYA / Kaori WATANABE from ZIPANGU」を開催いたします。

「ジパング展 ー31人の気鋭作家が切り拓く、現代日本のアートシーン。」には、日本の現代アートをになう総勢31名の作家が参加、6月1日からの日本橋髙島屋を皮切りに大阪髙島屋、京都髙島屋と巡回展示いたします。イムラアートギャラリーからは、本グループ展作家の上田順平 ・ 染谷聡 ・ 渡邊佳織を含む7名が出品いたします。

日本の伝統や大衆文化をモチーフにした陶磁器作品の制作を続ける上田順平。その卓越した技術と感性、探究心に裏付けられた作品は、生活の中で見慣れているものを違う視点で見せるだけに、私たち現代人を戸惑わせつつも、強く訴えかける力を持っています。
漆という素材や、蒔絵・漆絵・螺鈿・沈金といった伝統的な技法を用いながらも、独特の現代的感覚との融合により、動物や怪獣などのイキモノをモチーフとしたキッチュな立体作品を生み出す染谷聡。そして、幻想的で力強い絵画世界で見るものを引き付ける日本画家 ・ 渡邊佳織。渡邊はその確かな技術力で、写真家・蜷川実花の監督作品「さくらん」に劇画協力するなど、日本画の枠におさまらずあらゆる分野で注目を浴びています。 

陶芸 ・ 漆 ・ 日本画と三者三様の技法を用い、それぞれに日本の伝統や独自の文化、美意識と向き合い、現代における表現を試みる3名によるグループ展をぜひご高覧ください。

ジパング展 公式サイト http://zipangu.org

1
NAVIGATION
  • HOME
  • EXHIBITION
  • NEWS
  • ARTISTS
  • ABOUT
get in touch
  • ABOUT
  • CONTACT US
page top