イムラアートギャラリー [京都/東京]

HOME > 検索結果

タグ「Sai Hashizume」が付けられているもの

この度イムラアートギャラリー東京では、橋爪彩個展「After Image of the Red Shoes」を開催いたします。

橋爪彩(1980年東京生)は東京芸術大学修士課程修了後、2005年からベルリン、2009年からはパリへと制作拠点を移し、昨年秋に帰国いたしました。2004年にシェル美術賞岡部あおみ審査員奨励賞を受賞、海外滞在中も「所沢ビエンナーレ引込線」(2009年)に出品するなど高い評価を受けています。
帰国後初となる本展覧会では、ベルリン滞在中の2007年から取り組んでいる「Red Shoes Diary」と、2010年より生まれた「After Image」という2つのテーマの作品群を展示いたします。

「美術に囚われ作家となった為に遠く欧州まで赴き、見知らぬ土地で日々障害と遭遇して傷だらけになっても描くことを辞められない自分は童話『赤い靴』の主人公カレンによく似ている。」と橋爪は記しています。
「Red Shoes Diary」は、橋爪にとっての魔術的オブジェクトである赤い靴を作品に昇華したシリーズです。

「After Image」は、「Red Shoes Diary」で確立された感性と橋爪の高度なテクニックによる伝統的西洋絵画のアップデート。橋爪は、ヨーロッパ滞在により生まれたこの2つのテーマで、パーソナルなリアリティから出発し、西洋中心の美術観に対する問題提起へと大きく展開しています。

本展では120号の新作を含む約10点を展示いたします。ご高覧いただきますようお願い申し上げます。

  


 

after image(独語:Nachbild)はゲーテが色彩論の中で展開した言葉の一つであり、「残像」を意味する。
約四年半に渡る欧州滞在で、私は亡霊のように実像なく立ち上がる残像を数多く目にした。
特に美術において、もはや残像と呼ぶしかない過去の栄華を今だに賛美する様子は妄執そのものであり、世界が光の早さで繋がってしまう現代で取り残された印象を強く与えている。
私はアーティストとしてその時代錯誤な保守性に疑問を持ち、これからしばらくの制作のテーマとしたいと思った。すべてが同じ地平から見渡す事が可能な現在なら本来西洋美術の文脈から遠く離れていた私たちにもその虚像を破壊し再生する事が可能であり、エトランジェだからこそ複雑な多様性を与えられるのではないだろうか。
今回制作にあたり選んだモチーフや技術は伝統的な西洋絵画を意識的にトレースしたものだ。
加えて私が嫌悪するテーマのモチーフばかりをあえて多く集めている。
着手してからまだ日の浅いテーマではあるが、このafter imageシリーズを私からの西洋中心の美術への贈与の一撃、すなわちGift(独語で「毒」)としたい。

今回の展示はこの新しいシリーズと欧州で制作した前シリーズ「Red Shoes Diary」をブリッジする内容となっている。
2007年から描かれたこの旧シリーズは、欧州での私の様子が童話赤い靴のストーリーによく似ている事から立ち上がり、昨年日本へ帰国するまで従事した。
二つの大きく異なるテーマを抱えた展示だが、これは形骸的なジャポニズムばかりをあえて評価し、自分たちの土俵になかなか私たちを上がらせたがらない西洋美術へのアプローチである。

橋爪彩

橋爪彩が第5回絹谷幸二賞を受賞しました。

この度イムラアートギャラリー京都では、橋爪彩個展「sometimes we can't choose where we die」を開催いたします。

橋爪彩(1980年東京生まれ)は東京芸術大学修士課程修了後、ベルリン、パリと制作拠点を移し、2010年より日本で制作に取り組んできました。
常に自身のリアリティから社会的意識を模索し、橋爪は抜群の描写力でその先への到達を試みてきました。
昨年の個展では、ヨーロッパ滞在中に実感した西洋中心の美術への一撃として「After Image」シリーズを発表しました。本展では、ヴァニタス、エロス、死をテーマにした「After Image」シリーズの新作を展示いたします。

そして、もうひとつ。橋爪が自身のリアリティを持って、新たに取り組んでいるテーマが3.11です。
2011年3月11日に起った東日本大震災と原発問題から、一年が経ちました。この間、確かめようのない様々な情報が様々なメディアを通じて飛び交い、日々刻々と事態が変わっていきました。被災地から遠く離れた多
くの人にとって、この大きな出来事をどのように受け止めたらいいのかわからぬまま、あの出来事がいまや早くも残像となりかけてはいないでしょうか。このことを、橋爪は絵画に留めることを選びました。

本展では「After Image」シリーズと3.11をテーマとした新作、約6点を展示いたします。
何卒ご高覧いただきますようお願い申し上げます。

また、ART KYOTO 2012の関連イベントとして、国立京都国際会館にて青山七恵氏とのトークショーも行います。こちらも併せて足をお運び頂きますよう、お願い申し上げます。

 


この個展が決まった当初は、私が近年従事しているシリーズ"After Image"の更なるアップデートで展示を作り上げる予定にしていた。しかし時間とともに、今現在日本という世界中が注目する問題を抱えた国の作家である私が西洋絵画をテーマにした作品を作り続けることが必ずしも急務ではないと思い直し、手探りだとしてもあの一連を作品に昇華したいと強く感じるようになった。


あまりに大きな出来事であり、絵画という瞬間を切り取る芸術が長大な時間軸で今もなお切れ目無く続く出来事を扱うという事はとても難しいが、作家の使命として関わらずにはいられない。
本展のメインイメージになるF100号の油彩画「a lovely day」は被災したその中心の人々以外の中で、日々薄まっていく震災の記憶の可視化に挑んだ作品だ。

あの日私たちは酷く衝撃を受けたはずなのに、一年と待たずどこか現実味が無く、ふわふわとぼやけてしまった。東京に住み仕事をしている私(または同じくする多くの人々)にとって手触りのない現実をそのまま画面上にアウトプットすることからまずは始めてみよう。
時に残酷な現場の空気に偽りのない輪郭を与え、恒久的に未来へ残されていくことにより時代を語る装置として美術が機能するという側面と、3.11を通して改めて向き合いたい。

橋爪彩

 

  1 2
NAVIGATION
  • HOME
  • EXHIBITION
  • NEWS
  • ARTISTS
  • ABOUT
  • RECRUIT
get in touch
  • ABOUT
  • CONTACT US
page top