イムラアートギャラリー [京都/東京]

HOME > 検索結果

タグ「exhibition」が付けられているもの

イムラアートギャラリー京都では、桃田有加里 個展「ぼく、雲」を開催いたします。折々の感動や心象風景を人工的ともいえるほど鮮やかに独創的な色彩感覚で表現する桃田の作品は、まるで雲を見ている時のように無限に見る者の想像力を掻き立てます。ビビッドな色彩や線、抑えられた明度差、平坦で滑らかなグラデーション、そして部分的に厚く垂らした絵の具の層。今回の新作ではそれぞれを異なる描写で描くことによって、コラージュ的でより人工的なイメージの表現へとつながっています。尽きることのない探究心を持ちつつ、透き通るような心の眼差しで描く桃田。この度イムラアートギャラリーでは初の個展となります。
人物画、心象風景画ともに描く度に新たな展開をみせる作品群をぜひご高覧ください。



「色彩は雲の故郷である、というヴァルター・ベンヤミン(20世紀ドイツの思想家)の言葉がある。遊ぶことの大好きな子供が雲を眺めながら直感だけをたよりに無限の空想を生み出してゆく姿をベンヤミンは人間が色を媒介にして空想の膂力を手に入れるプロセスに重ね合わせたのである。」という趣旨のことを今福龍太氏は『ここではない場所 イマージュの回廊へ』の中で述べています。そこから私は自身の作品の色彩=雲というイメージを抱くようになり、本展のテーマとしました。長い歴史の中で人の手によって作られた"芸術"。私はその"芸術"の中に作家の生涯や心の密度、その絵を描くのに費やした時間が凝縮して投影されているように感じます。私が芸術作品 と対 面するとき、時折画面からそういった作家の人間性を感じ取れる作品に出会うことがありますが、そんな時、ふと自分が惹きつけられているものが"絵画"という作品を通り越して、作家の手によって生み出された"人工物"(根本)にあると気づきました。

"人工物"、それは生きていないにも関わらずこんなにも人を惹きつけ感動させる魅力があることに今、私は非常に興味をそそられていま す。ゆえに、私の絵画の中にそういった"人工的な部分"を織り
込みたいと思ったとき、自然界には存在しないビビットな色を用いるようにな りました。
主観ですが、人工物は時間が止まっているような印象を受けるため、私はそういったところに現実とのつながりを絶つ瞬間を感じ、キャンバスに無時間的な空間を記録するために制作を続けています。」

桃田有加里

[作家在廊日] 3/20(木)、22(土)、25(火)、28(金)、29(土)、4/1(火)、3(木)、5(土) <予定>

イムラアートギャラリー東京では、宮本佳美 個展「Canon」を開催いたします。

宮本佳美は、かねてより植物や人物を、独特な光の射すモノクロームの世界で表現してきました。宮 本の描く瑞々しい花たちは、現実には枯れた花を水中で甦らせた姿でもあります。また、人物のポー トレートは、大量消費されているイメージの中から選びとられた女性たちの、どこか憂いを帯びた表 情を捉えています。

死んでいるものと、生きているもの。それは、宮本が制作にあたり、テーマの一つとして考えている ことです。死んでいるものを生きているように描くとき、そこには生きているものを描くときには見 えない一瞬の幻想が現れると言います。彼女なりの基準(Canon)によって生み出されたその幻想は 綿布の上に定着され、普段目にすることのない世界が広がります。

関西を中心に活躍してきた宮本佳美の東京では初めてとなる個展を是非ご高覧ください。

イムラアートギャラリー東京では龍門藍個展「菊とサカナ」を開催いたします。
 龍門藍(1984年岡山生まれ)は、形式化した日本の伝統文化に、現代の日常的な感覚を取り入れて、独自の世界観を描きます。それは、いま日本で生活している私たちの曖昧な感覚に、的確で斬新なイメージをあてはめてくれます。
 イムラアートギャラリー東京での初個展となる今回のテーマは「菊とサカナ」。文化人類学者のルース・ベネディクトによる日本研究の著書で、後の日本人論の源流となった『菊と刀』へのオマージュです。2010年からスタートした「観光地シリーズ」とともに展示し、外の視点から見た日本を、日本の内にいる彼女が、深い洞察力で軽妙に描き出します。
 4年ぶりとなる龍門藍の個展をぜひご高覧くださいますようお願い申し上げます。

イムラアートギャラリー東京では、田中武個展「夜咄(よばなし)はこれから」を開催いたします。

田中は、日本画という言葉に疑問を呈し、菱田春草の「兎に角日本人の頭で構想し、日本人の手で制作したものとして、凡て一様に日本画として見らるる時代が確かに来ることと信じている」という言葉を引用しながら、「作家自身がこれこそが日本画だと強く信じるものを、ただひたすらに打ち出していくこと」が肝要であると言います。

田中の代表作である「十六恥漢図」シリーズでは、欲望に憑かれた女性の手で印相を結び、周りには狩野派の粉本から引用した草花を配するなど、日本美術の伝統的な表現を受け継ぎながら、西洋絵画の描法を下地とした現代的な絵画へと昇華させています。

本展覧会では、「十六恥漢図」シリーズの新作を含め、夜の欲望をテーマにした作品を展示いたします。夜という欲望が匂いたつ時間に、人はどんな姿で己の欲望と向き合うのか。夜半の冬、それぞれの夜咄に耳を傾けつつ、田中の描く夜の世界に浸ってご高覧ください。

イムラアートギャラリー京都では英ゆう個展「作庭」を開催いたしま す。
英は2000年から10年ほど、タイと日本を行き来し制作を行っていました。タイの供花や伝説をモチーフに 色彩豊で、濃密なマチエールの油彩画を描いていました。2010年から拠点を京都に制作しています。

今回の展覧会のタイトルは「作庭」。石の燈籠や石塔を葉と花で覆い、編み直し、もう一度風景に入れて「庭」 をつくり出しています。庭には知恵や創意、自然との対話が存在し、それらは、日本人の自然観に繋がっていると言えるのではないでしょうか。

石燈籠や石塔といった無機質で冷たく、神秘的でシンボリックでもある、不思議な造形のものを全く異なる素材 である植物で覆うことで、
特異な空気感を纏いながらも、見慣れた景色が生み出されています。

本展では大作を含む油彩画約7点に加え、2012年にアジア交流展でインドに行った時に描いた水彩画も展示いたします。
英ゆうの独特の絵画世界を是非ご高覧ください。

「神秘的な構造の石燈籠を葉と花で編み直し、もう一度風景に放り込む。
燈籠があるだけで街も川も山も庭の景色になる。」 英ゆう 

  

日野田崇 グループ展
「2013 京畿世界陶磁ビエンナーレ(GICB 2013)」

■会場:利川世界陶磁センター(Icheon Cerapia、韓国 利川市)
■会期:2013年9月28日(土)~11月17日(日)
■出品作家:日野田崇

日野田崇 個展 
「ぼくのものだった世界/ The Universe once was mine」

■会場:Elsa Art Gallery(台湾・台北市)
■会期:2013年9月14日(土)~10月13日(日)

tags: Ceramics , exhibition , Taipei , Taiwan ...

イムラアートギャラリー京都では、5年ぶりとなる木彫作家、山﨑史生の個展を開催いたします。

山﨑は、1本の木から彫り出す技法「一木造り」を用いて、楠に彩色を施しています。
2006年から取り組んでいる「静かな隣人」シリーズは、子供の胴体に家畜の頭という、擬人化された造形で、それらに共通するのはどこか寂しげで儚い眼差しです。
静謐な空気感と同時にどこかゆがみやアンバランスさも感じさせ、独特な存在感を放ちます。

「僕の作品が異形の姿をしているのは、その存在の曖昧さに制作者としての自分を投影し、形あるものにすることで肯定したい気持ちがあるからかもしれない」と、山﨑は言います。

長い時間を費やし、木と向き合い、自分自身と向き合い、生み出された作品は何らかの気配を感じさせます。
楠が持つ独特の芳香、滑らかで美しい木肌、そして山﨑の確かな技術で削り出された造形は見る者を穏やかに包み込みます。

近年はジパング展(日本橋高島屋、大阪高島屋、京都高島屋、新潟万代島美術館、秋田県立近代美術館に巡回)に出品し、注目を集めました。
静かに凛と佇む山﨑の最新作を是非ご高覧ください。  

   

イムラアートギャラリー東京では、「ニッポン画」を提唱する山本太郎の個展を開催いたします。山本の描くニッポン画は、日本の昔の絵画を現代の視点で再構成したものです。多層的で混沌とした現代の日本社会を、可笑しみと愛おしさをもって描きます。

本展覧会では、日本古来の暦である二十四節気がテーマの作品シリーズを展示いたします。このシリーズは、放送作家である小山薫堂氏の依頼で制作され、小山氏がプロデュースする京都の老舗料亭、下鴨茶寮のスタッフの名刺デザインとして使用されることが決まっています。小山氏は、故郷熊本の様々なプロジェクトを手掛け、いまや全国で人気の熊本県PRキャラクター「くまモン」の発案者でもあります。同じく熊本出身の山本とのコラボレーションにより今回のシリーズ制作が企画されました。二十四節気とは、春夏秋冬の四季をさらに6つに分けた24の季節を表すもので、日本人の生活に密着した暦として使われてきました。二十四それぞれの季節に名前がつけられ、その時節の行事は大切に受け継がれています。季節に対する繊細な感覚が日々の暮らしの中に息づいている日本ならではの光景といえるでしょう。日本に昔から伝わる暦を、山本ならではの視点で再構成した今回のシリーズは、まさにニッポン画の精神そのものです。本展では、京都にて展示された18点に、新たに制作した6点を加え二十四の季節を一堂に揃え展示いたします。季節の移ろいのなかに描かれる、変わらない四季の美しさと変わりゆく日本の姿の共演をぜひご高覧ください。

「日本美 ~la décoration~」
会場:日本橋タカシマヤ(東京) 6階 美術画廊・工芸サロン
会期:2013年7月17日(水)〜23日(火)

襖や屏風、掛け軸、工芸品など、日本の美術は室内装飾や実用品としてくらしの中で生まれ溶け込み、またくらしや文化とともに発展してきました。琳派などの作家は、伝統的なモチーフを扱いながらも、従来の様式に囚われない自由で大胆なデザインや装飾性を持ち込み、日本の美をより洗練された造形で表現しました。琳派の祖といわれる桃山のアートプロデューサー・本阿弥光悦が京都の鷹峯に芸術村を開いてから間もなく400年。その煌びやかなセンスは、現代の美術にどう受け継がれているのでしょうか?

「日本の絵 三瀬夏之介展」
会場:平塚市美術館
会期:2013年7月13日(土)~9月16日(月祝)
 

「高橋コレクション展 マインドフルネス!」

会場 : 鹿児島県霧島アートの森
会期 : 2013年7月12日(金)〜9月1日(日)
出品作家 : 橋爪彩

 

「おいしい展覧会 〜art dining〜」
会場:galerie 16(京都)
会期:2013年7月9日(火)〜7月20日(土)

本展は放送作家として活躍している小山薫堂氏とのコラボレーションにより実現する展覧会です。

日本はそれぞれの季節ごとに違った表情をみせる、四季折々に美しい国です。そんな移ろい行く時間を昔の人たちは24の季節に分け、それぞれに名前をつけ楽しみとしたり、実際の生活の中で活用したりしました。それが二十四節季と呼ばれるものです。また、年中行事もその季節に合わせて発展し、一年を通してお祭りのない季節はないといっても良いくらいです。日本、特に京都の文化に強い思い入れと深い理解を持つ小山氏は、現代においても息づいている微かな気候の移ろいを感じ取る日本人の感性をテーマとした、二十四節季の作品シリーズ制作を山本に依頼しました。小山氏は全国でも人気の高い熊本県PRマスコットキャラクター「くまモン」の発案に携わるなど生まれ故郷である熊本への強い思いから様々なプロジェクトを手掛けています。山本も同じく熊本出身、という繋がりをきっかけに今回のプロジェクトは発足しました。

本展覧会では24作品のうち18点を展示、その後秋(9月21日(土)~10月20日(日)を予定)にイムラアートギャラリー東京にて残りの6枚を加えた24枚全てを展示致します。シリーズ完成後には小山氏が亭主及びプロデューサーを務める、安政三年(1856年)創業の京都の老舗料亭、下鴨茶寮スタッフが使用する名刺デザインに起用されることが決定しています。
季節や年中行事は歴史の中繰り返し題材とされ描かれてきました。その伝統を受け継ぎながら、平成のニッポン画家、山本太郎が独自の視点から描き出す表情豊かな日本の季節を是非ご高覧ください。

なお、7月15日(月祝)には小山氏を迎えトークショー、オープニングレセプションを開催致します。 是非お運び下さいませ。

イムラアートギャラリー京都では、極並佑 個展「Appetite for painting」を開催いたします。

極並の作品はこの数年、目をみはる変化を遂げています。
数年前までは人物や背景は単純化され、輪郭は黒く縁取られ、色面が均一に塗られるという、非常にグラフィカルな印象でした。しかしこの2、3年で、描かれる人物の背景に室内の家具が現れ、海や山といった自然の風景が描かれ、平面画面の中に奥行き、物語性が感じられるようになりました。そして、今回の作品では、「より絵画としての表現を追求したかった」と本人が言うように、印象派を彷彿させるような表現による新たな絵画が生み出されています。

木漏れ日の森林、岩肌に佇む女性...背景に描かれる風景は以前に増して、微妙な色調と光を捉え、何層ものフィルターを重ねるように描かれ、線と色面で描かれる人物との対比が一層人物の存在感を強めると同時に、不思議な空気感が漂う世界が広がっています。顔の見えない人物は自分にとって、よりバーチャルな存在になりつつあると言います。背景に関しては、いわゆるペインタリーな表現を意識していると言うが、アクリル絵具で描くことにより、絵具そのものへの抵抗感を減らし、よりフラットな印象を求めていると言います。

油絵具のようなキャンバスへの絵具の盛上りも少なく、層を重ねてもアクリル絵具がキャンバスの裏へ入り込んでいく感覚であり、改めて平面としての空間性を意識させられていると言います。画面の中で繰り広げられる、この人物と背景のアンバランスさが、極並の新たな創造行為と言えるでしょう。

「Appetite for painting」と題するように極並がこの数年取り組んでいる「絵画への追及」が何であるかを是非ご高覧ください。

「Yamato Dynamics」

会場:MIZUMA GALLERY(ギルマンバラックス・シンガポール)
会期:2013年4月12日(金)~5月26日(日)
出品作家:佐藤雅晴、中山徳幸、橋爪彩、英ゆう、日野田崇、三瀬夏之介、山本太郎、渡邊佳織

「ぼくの神さま」

会場:国際芸術センター青森(青森)
会期:2013年4月27日(土)〜6月23日(日)

Ohara Contemporary
会場:大原美術館(岡山)
会期:2013年4月20日(土)~7月7日(日)

「水彩画 みずゑの魅力展―明治から現代まで―」

会場: 平塚市美術館(神奈川)
会期: 2013年4月20日(土) ~ 6月16日(日)

会場:高崎市美術館(群馬)
会期:2013年4月7日(日)~6月16日(日)
出品作家:上田順平、佐藤雅晴、三瀬夏之介、山﨑史生、山本太郎、渡邊佳織

  1 2 3 4 5  
NAVIGATION
  • HOME
  • EXHIBITION
  • NEWS
  • ARTISTS
  • ABOUT
  • RECRUIT
get in touch
  • ABOUT
  • CONTACT US
page top