イムラアートギャラリー [京都/東京]

HOME > 検索結果

タグ「exhibition」が付けられているもの

イムラアートギャラリー東京では、田中武個展「夜咄(よばなし)はこれから」を開催いたします。

田中は、日本画という言葉に疑問を呈し、菱田春草の「兎に角日本人の頭で構想し、日本人の手で制作したものとして、凡て一様に日本画として見らるる時代が確かに来ることと信じている」という言葉を引用しながら、「作家自身がこれこそが日本画だと強く信じるものを、ただひたすらに打ち出していくこと」が肝要であると言います。

田中の代表作である「十六恥漢図」シリーズでは、欲望に憑かれた女性の手で印相を結び、周りには狩野派の粉本から引用した草花を配するなど、日本美術の伝統的な表現を受け継ぎながら、西洋絵画の描法を下地とした現代的な絵画へと昇華させています。

本展覧会では、「十六恥漢図」シリーズの新作を含め、夜の欲望をテーマにした作品を展示いたします。夜という欲望が匂いたつ時間に、人はどんな姿で己の欲望と向き合うのか。夜半の冬、それぞれの夜咄に耳を傾けつつ、田中の描く夜の世界に浸ってご高覧ください。

イムラアートギャラリー京都では英ゆう個展「作庭」を開催いたしま す。
英は2000年から10年ほど、タイと日本を行き来し制作を行っていました。タイの供花や伝説をモチーフに 色彩豊で、濃密なマチエールの油彩画を描いていました。2010年から拠点を京都に制作しています。

今回の展覧会のタイトルは「作庭」。石の燈籠や石塔を葉と花で覆い、編み直し、もう一度風景に入れて「庭」 をつくり出しています。庭には知恵や創意、自然との対話が存在し、それらは、日本人の自然観に繋がっていると言えるのではないでしょうか。

石燈籠や石塔といった無機質で冷たく、神秘的でシンボリックでもある、不思議な造形のものを全く異なる素材 である植物で覆うことで、
特異な空気感を纏いながらも、見慣れた景色が生み出されています。

本展では大作を含む油彩画約7点に加え、2012年にアジア交流展でインドに行った時に描いた水彩画も展示いたします。
英ゆうの独特の絵画世界を是非ご高覧ください。

「神秘的な構造の石燈籠を葉と花で編み直し、もう一度風景に放り込む。
燈籠があるだけで街も川も山も庭の景色になる。」 英ゆう 

  

日野田崇 グループ展
「2013 京畿世界陶磁ビエンナーレ(GICB 2013)」

■会場:利川世界陶磁センター(Icheon Cerapia、韓国 利川市)
■会期:2013年9月28日(土)~11月17日(日)
■出品作家:日野田崇

日野田崇 個展 
「ぼくのものだった世界/ The Universe once was mine」

■会場:Elsa Art Gallery(台湾・台北市)
■会期:2013年9月14日(土)~10月13日(日)

tags: Ceramics , exhibition , Taipei , Taiwan ...

イムラアートギャラリー京都では、5年ぶりとなる木彫作家、山﨑史生の個展を開催いたします。

山﨑は、1本の木から彫り出す技法「一木造り」を用いて、楠に彩色を施しています。
2006年から取り組んでいる「静かな隣人」シリーズは、子供の胴体に家畜の頭という、擬人化された造形で、それらに共通するのはどこか寂しげで儚い眼差しです。
静謐な空気感と同時にどこかゆがみやアンバランスさも感じさせ、独特な存在感を放ちます。

「僕の作品が異形の姿をしているのは、その存在の曖昧さに制作者としての自分を投影し、形あるものにすることで肯定したい気持ちがあるからかもしれない」と、山﨑は言います。

長い時間を費やし、木と向き合い、自分自身と向き合い、生み出された作品は何らかの気配を感じさせます。
楠が持つ独特の芳香、滑らかで美しい木肌、そして山﨑の確かな技術で削り出された造形は見る者を穏やかに包み込みます。

近年はジパング展(日本橋高島屋、大阪高島屋、京都高島屋、新潟万代島美術館、秋田県立近代美術館に巡回)に出品し、注目を集めました。
静かに凛と佇む山﨑の最新作を是非ご高覧ください。  

   

イムラアートギャラリー東京では、「ニッポン画」を提唱する山本太郎の個展を開催いたします。山本の描くニッポン画は、日本の昔の絵画を現代の視点で再構成したものです。多層的で混沌とした現代の日本社会を、可笑しみと愛おしさをもって描きます。

本展覧会では、日本古来の暦である二十四節気がテーマの作品シリーズを展示いたします。このシリーズは、放送作家である小山薫堂氏の依頼で制作され、小山氏がプロデュースする京都の老舗料亭、下鴨茶寮のスタッフの名刺デザインとして使用されることが決まっています。小山氏は、故郷熊本の様々なプロジェクトを手掛け、いまや全国で人気の熊本県PRキャラクター「くまモン」の発案者でもあります。同じく熊本出身の山本とのコラボレーションにより今回のシリーズ制作が企画されました。二十四節気とは、春夏秋冬の四季をさらに6つに分けた24の季節を表すもので、日本人の生活に密着した暦として使われてきました。二十四それぞれの季節に名前がつけられ、その時節の行事は大切に受け継がれています。季節に対する繊細な感覚が日々の暮らしの中に息づいている日本ならではの光景といえるでしょう。日本に昔から伝わる暦を、山本ならではの視点で再構成した今回のシリーズは、まさにニッポン画の精神そのものです。本展では、京都にて展示された18点に、新たに制作した6点を加え二十四の季節を一堂に揃え展示いたします。季節の移ろいのなかに描かれる、変わらない四季の美しさと変わりゆく日本の姿の共演をぜひご高覧ください。

「日本美 ~la décoration~」
会場:日本橋タカシマヤ(東京) 6階 美術画廊・工芸サロン
会期:2013年7月17日(水)〜23日(火)

襖や屏風、掛け軸、工芸品など、日本の美術は室内装飾や実用品としてくらしの中で生まれ溶け込み、またくらしや文化とともに発展してきました。琳派などの作家は、伝統的なモチーフを扱いながらも、従来の様式に囚われない自由で大胆なデザインや装飾性を持ち込み、日本の美をより洗練された造形で表現しました。琳派の祖といわれる桃山のアートプロデューサー・本阿弥光悦が京都の鷹峯に芸術村を開いてから間もなく400年。その煌びやかなセンスは、現代の美術にどう受け継がれているのでしょうか?

「日本の絵 三瀬夏之介展」
会場:平塚市美術館
会期:2013年7月13日(土)~9月16日(月祝)
 

「高橋コレクション展 マインドフルネス!」

会場 : 鹿児島県霧島アートの森
会期 : 2013年7月12日(金)〜9月1日(日)
出品作家 : 橋爪彩

 

「おいしい展覧会 〜art dining〜」
会場:galerie 16(京都)
会期:2013年7月9日(火)〜7月20日(土)

本展は放送作家として活躍している小山薫堂氏とのコラボレーションにより実現する展覧会です。

日本はそれぞれの季節ごとに違った表情をみせる、四季折々に美しい国です。そんな移ろい行く時間を昔の人たちは24の季節に分け、それぞれに名前をつけ楽しみとしたり、実際の生活の中で活用したりしました。それが二十四節季と呼ばれるものです。また、年中行事もその季節に合わせて発展し、一年を通してお祭りのない季節はないといっても良いくらいです。日本、特に京都の文化に強い思い入れと深い理解を持つ小山氏は、現代においても息づいている微かな気候の移ろいを感じ取る日本人の感性をテーマとした、二十四節季の作品シリーズ制作を山本に依頼しました。小山氏は全国でも人気の高い熊本県PRマスコットキャラクター「くまモン」の発案に携わるなど生まれ故郷である熊本への強い思いから様々なプロジェクトを手掛けています。山本も同じく熊本出身、という繋がりをきっかけに今回のプロジェクトは発足しました。

本展覧会では24作品のうち18点を展示、その後秋(9月21日(土)~10月20日(日)を予定)にイムラアートギャラリー東京にて残りの6枚を加えた24枚全てを展示致します。シリーズ完成後には小山氏が亭主及びプロデューサーを務める、安政三年(1856年)創業の京都の老舗料亭、下鴨茶寮スタッフが使用する名刺デザインに起用されることが決定しています。
季節や年中行事は歴史の中繰り返し題材とされ描かれてきました。その伝統を受け継ぎながら、平成のニッポン画家、山本太郎が独自の視点から描き出す表情豊かな日本の季節を是非ご高覧ください。

なお、7月15日(月祝)には小山氏を迎えトークショー、オープニングレセプションを開催致します。 是非お運び下さいませ。

イムラアートギャラリー京都では、極並佑 個展「Appetite for painting」を開催いたします。

極並の作品はこの数年、目をみはる変化を遂げています。
数年前までは人物や背景は単純化され、輪郭は黒く縁取られ、色面が均一に塗られるという、非常にグラフィカルな印象でした。しかしこの2、3年で、描かれる人物の背景に室内の家具が現れ、海や山といった自然の風景が描かれ、平面画面の中に奥行き、物語性が感じられるようになりました。そして、今回の作品では、「より絵画としての表現を追求したかった」と本人が言うように、印象派を彷彿させるような表現による新たな絵画が生み出されています。

木漏れ日の森林、岩肌に佇む女性...背景に描かれる風景は以前に増して、微妙な色調と光を捉え、何層ものフィルターを重ねるように描かれ、線と色面で描かれる人物との対比が一層人物の存在感を強めると同時に、不思議な空気感が漂う世界が広がっています。顔の見えない人物は自分にとって、よりバーチャルな存在になりつつあると言います。背景に関しては、いわゆるペインタリーな表現を意識していると言うが、アクリル絵具で描くことにより、絵具そのものへの抵抗感を減らし、よりフラットな印象を求めていると言います。

油絵具のようなキャンバスへの絵具の盛上りも少なく、層を重ねてもアクリル絵具がキャンバスの裏へ入り込んでいく感覚であり、改めて平面としての空間性を意識させられていると言います。画面の中で繰り広げられる、この人物と背景のアンバランスさが、極並の新たな創造行為と言えるでしょう。

「Appetite for painting」と題するように極並がこの数年取り組んでいる「絵画への追及」が何であるかを是非ご高覧ください。

「Yamato Dynamics」

会場:MIZUMA GALLERY(ギルマンバラックス・シンガポール)
会期:2013年4月12日(金)~5月26日(日)
出品作家:佐藤雅晴、中山徳幸、橋爪彩、英ゆう、日野田崇、三瀬夏之介、山本太郎、渡邊佳織

「ぼくの神さま」

会場:国際芸術センター青森(青森)
会期:2013年4月27日(土)〜6月23日(日)

Ohara Contemporary
会場:大原美術館(岡山)
会期:2013年4月20日(土)~7月7日(日)

「水彩画 みずゑの魅力展―明治から現代まで―」

会場: 平塚市美術館(神奈川)
会期: 2013年4月20日(土) ~ 6月16日(日)

会場:高崎市美術館(群馬)
会期:2013年4月7日(日)~6月16日(日)
出品作家:上田順平、佐藤雅晴、三瀬夏之介、山﨑史生、山本太郎、渡邊佳織

イムラアートギャラリー東京は、神楽坂より移転し、2013年5月11日(土) 3331 Arts Chiyoda #206にオープンいたします。

新たな場所でのギャラリー再開にあたり、現代のヴィジュアルアートを扱うギャラリーとして、人の知覚を巧に操る土屋貴哉(美術家)とアタカケンタロウ(建築家)に、ギャラリーの新スペースを委ねてみたいと思いました。
土屋貴哉とアタカケンタロウよるコラボレーション展「昨日はどこへいった。」は、ギャラリースペースの改装からオープンまでの過程と時間を扱った、映像・建築・オブジェ・ペイントなどの様々なメディアと手法が交錯するインスタレーションプロジェクトです。

撮り集めた「昨日」の集積が、映像としてスペースの壁面に投影され、現存するオブジェ・ペイント・建築と重なって関わりを持ちはじめるとき、私たちの目には昨日と今日が不思議に重なり合い、時系列はねじれ、世界のもう一つの相を感じることができるでしょう。
「昨日はどこへいった。」 人の不確かで柔軟な知覚と記憶を介した途端、確定されたはずの「昨日」を探すのは、容易ではないかもしれません。
ぜひご高覧いただきますようお願い申し上げます。

■協力:端裕人氏(写真家)、秋廣誠氏
■協賛:ターナー色彩



土屋貴哉
美術家。1974年東京都生まれ。2001年東京芸術大学大学院美術研究科修士課程修了。90年代後期より、日常のものごとへの最小限の介入をほどこした作品を制作。それらは、映像・写真・平面・立体・インスタレーションなど、多メディアに渡り展開される。近年は新たな試みとしてPC上で展開するプログラム作品シリーズもスタート。

アタカケンタロウ/安宅研太郎
建築家。1974年埼玉県生れ、2001年東京芸術大学大学院美術研究科建築専攻修士課程修了。2003年にアタカケンタロウ建築計画事務所を設立し、住宅から集合住宅、研修施設、幼稚園、パブリックアートなど様々なプロジェクトを手掛ける。2007年東京建築士会住宅建築賞、2011年日本建築学会作品選奨など受賞多数。現在、東京芸術大学、芝浦工業大学、京都造形芸術大学など6つの大学で非常勤講師を勤めるほか、岩手県遠野市で馬の育成とその堆肥による有機農業を中心とした地域づくりに取り組んでいる。

「ニッポン画」とは

一、今現在の日本の状況を端的に表現する絵画ナリ
一、ニッポン独自の「笑い」で諧謔を持った絵画ナリ
一、ニッポンに昔から伝わる絵画技法によって描く絵画ナリ

これは作家が自ら「ニッポン画」と呼ぶ絵画の定義です。伝統的日本絵画の技法で描かれる山本太郎のニッポン画には古典と現代のモチ ーフが混在しています。それは日本固有の文化と輸入文化が共存する混沌とした現代日本の視点から日本絵画を再構築するものです。しか し古典絵画のパロディーのようにも見える彼の作品からは、日本画に対するアンチテーゼや今の日本の現状への攻撃的な反省は感じられま せん。現代日本人の生活風景をユーモアあふれる目線で描きだし、意表を突くモチーフの組み合わせで構成されるニッポン画には、異質な ものを違和感なく生活に取り込んでしまう日本人の感覚に対する愛着が込められているかのようです。

ここ数年山本太郎が題材としているのは日本の古典文学。とりわけその中でも謡曲を題材とした作品はこれまでも多く作られてきました。 しかし、謡曲は「文学」といいながら演劇の台本でもあるため、文章だけで完結しているものではなく能舞台で演じられることで初めて完成す る物語です。

そこで、今回の展覧会のテーマは「能楽」。「能舞台のもつ清涼感、緊張感、そして圧迫感や解放感。そういった雰囲気そのものを絵画化し て固定できないか、難しいとはわかっていてもそうした挑戦をしてみたくなったのです。」という作家の試みにより実現する展覧会となります。 張りつめた緊張感漂う作品にはもちろん山本太郎ならではの遊び心も絶妙に組み込まれています。

鑑賞者の心を引き込む日本芸能独特のリズム感「序破急」を帯びる山本太郎の個展を是非ご高覧ください。

※個展開催時期に新宿「柿傳ギャラリー」で行われる「宮川真一展」にて掛軸、山本太郎デザインの宮川真一とのコラボレーションお茶碗が出品されます。5月21日から28日まで。26日土曜日に立礼によるお茶会があります。山本太郎もお手伝いで参加予定。

この度、イムラアートギャラリー東京では、2012年3月24日(土)より、中山徳幸個展を開催いたします。
中山徳幸(1968年長野県生まれ)は、1993年に武蔵野美術大学芸術学部油絵科を卒業、2003年にはシェル美術賞に入選、2006年には「VOCA展2006」に出品しています。また、海外でも積極的に作品を発表しており、2008年にノルウェー・ベルゲンで開催された個展は、当地でも高い評価を獲得しています。

中山は一貫して女性の顔、姿を描いており、特に2001年頃からは、顔を大きくクローズアップした作品を発表し続けています。
特定のモデルを設けることなく、作家自身の日々の記憶や経験から形成され、描かれるそれら女性たちの表情は、見る者の内面を投影するがごとく、さまざまな印象を作品の前に立つ者に与えます。

イムラアートギャラリーでは、2007年のイムラアートギャラリー京都での個展「Noriyuki Nakayama 1999-2002」より5年ぶり、東京では初めての開催となる本展。100号の大作「tomorrow」(2012年)を中心に、2009年以降に制作された作品約10点を展覧予定です。作家自身が「人間を描くことの意味を考える時期に来ている」と語るとおり、制作、そして作家としての原初を問うこととなる本展をぜひご高覧賜りたくご案内申し上げます。



今回出品している作品は、原点に戻り、もう一度自分を取り戻すということが、主な制作の動機になっているように思います。
アクリル絵の具を用い、古典技法を応用しながら、人物を描く。
画面上の情報量を出来るだけ抑え、日々出会う人々の表情の記憶を頼りに、形に納まりきらない何かを色や形に置き換える。
僕の作品の制作過程を言葉にすると、このようになります。
人間の顔という、人の心の在り方が大きなテーマとなってしまうモチーフを描いている以上、技術的な鍛錬が必要なのはもちろんですが、より深く自らの心を見つめ、自分自身の心のありようを問い続けることが、制作するうえで、とても重要な作業になります。
ここ何年かで、僕の作品も少しずつ変化してきました。
公私ともに様々な出来事があり、自分を見失いかけていた時もありましたが、今はもう一度、人間を描くことの意味を考える時期に来ているように思います。
それは難しい作業ですし、簡単に答えを出すことはできませんが、普遍的で、非常に価値のある試みの様にも思います。
自分なりのやり方しか出来ませんが、これからも、顔を描き続けることによって、人間の真実を求め、心の複雑さや素晴らしさを、表現していけたらと思います。

中山徳幸 

  1 2 3 4 5  
NAVIGATION
  • HOME
  • EXHIBITION
  • NEWS
  • ARTISTS
  • ABOUT
get in touch
  • ABOUT
  • CONTACT US
page top