NEWS

石井海音「渋谷二丁目アートプロジェクト」

■会場渋谷二丁目17地区市街地再開発仮囲い
■会期:2021年12月1日から2022年9月まで(予定)
■参加作家:石井海音(imura art gallery)
      小林健太(WAITINGROOM)
      髙倉大輔(TEZUKAYAMA GALLERY)
      田中功起(青山目黒)
      佃弘樹(NANZUKA)
      野沢裕(KAYOKOYUKI)
      森本美絵(MISAKO & ROSEN)
      横山隆平(KANA KAWANISHI GALLERY)
■主催:渋谷二丁目17地区市街地再開発組合
■企画制作: 一般社団法人日本現代美術商協会(CADAN)
■協力:imura art gallery, WAITINGROOM, TEZUKAYAMA GALLERY, 青山目黒, NANZUKA, KAYOKOYUKI, MISAKO & ROSEN, KANA KAWANISHI GALLERY

現在、渋谷〜青山エリアを繋ぐ渋谷二丁目17地区、渋谷駅東口エリアでは、地上23階建ての複合施設の建設が進んでいます。その建設現場の仮囲いに、この度、CADAN(一般社団法人日本現代美術商協会)から「都市の移り変わり」をテーマに選出された現代アーティスト8名によるアート作品が登場します。

渋谷二丁目17地区再開発事業に参画する東急は、これまでも世界中の文化・芸術の魅力を発信し、街のにぎわいを創出してきました。「渋谷二丁目アートプロジェクト」は、毎日の通勤や通学で往来する周辺オフィスワーカーや学生の方々をはじめ、地域の方々のインスピレーションとなることを目指しています。移り変わっていく街の景色の中で、個々のアーティストによる表現の最先端と、そこにある思考や思想、チャンレンジを感じ取っていただければ幸いです。

詳細