Keikou NISHIMURA

Profile

1966 Born as the first son of Keikou Nishimura II in Kyoto, Japan
1985 Graduated from the lacquer division at Dohda Arts High School
  Entered apprenticeship under Masaya Suzuki Ⅲ.
1994 Completed his apprenticeship to take over his family craft
2008 Succeeded the professional name Keikou Nishimura

Solo Exhibitions

2016 Solo exhibition, Kaho Gallery, Kyoto, Japan
  Solo exhibition, Imura Art Gallery, Kyoto, Japan
2019 Solo exhibition, Takashimaya, Kyoto, Japan
   
   

Awards

2015 Prize of governor of Kyoto prefecture, Cooperative association of Kyoto Urushi (Lacquer) ware, Kyoto, Japan
2016 Prize of Mayor of Kyoto, Cooperative association of Kyoto Urushi (Lacquer) ware, Kyoto, Japan
   
   

プロフィール

1966 上塗り師二代圭功の長男として京都に生まれる
1985 京都市立銅駝美術工芸高校漆芸科卒業
  鈴木雅也氏(三代表朔)弟子入り
1994 家業の跡継ぎとして独立
2008 三代目西村圭功を襲名。以後、国内外で作品発表を続けている。

主な個展

2016 「西村圭功展-塗りたて-」カホギャラリー
  「西村圭功 個展」 imura art gallery
2019 「西村圭功 漆芸展-対話するかたち-」高島屋京都店美術画廊
   
   

>主なグループ展

2006 「京都工芸美術作家協会展」京都高島屋 出展
2008 「ふるし、あたらし、うるし。」ギャラリー H2O 出展
  「東西を繋ぐお茶」ギャラリー迦陵頻 出展
2010 日本橋三越「京・たしなみ」
  二人展「楽と漆」 (Espace Culturel Bertin Poiree パリ)
2012 智美術館「茶の湯の現代」展
2013 Collect 2013   (Saatchi Galleryロンドン)
2014 「素材の美」展(Galerie Marianne Heller ドイツハイデルベルグ)
  日本橋三越「一器一菓」展
2015 「上海クリスティーズ」
2016 「京漆器展」みやこめっせ(京都)
2018 「SHOKUNIN」ポートランドジャパニーズガーデン(ポーランド)
2019 「生まれ変わる伝統-イセコレクション所蔵現代日本の工芸品-香港大学美術博物館(香港)
   
   

受賞

1992 「京展」入選
2004 「光風会京都展」京都新聞社賞受賞
2005 「京漆器展」審査員長賞受賞
  「うるおい漆展」知事賞受賞
   「光風会京都展」京都新聞社賞受賞
2008 「うるおい漆展」京都漆器工芸協同組合理事長賞受賞
2009 「京漆器展」市長賞
2015  「京漆器展」京都府知事賞
2016 「京漆器展」京都市長賞
   
   
   
   
   
   

作家ウェブサイト

  http://www.keikou.jp/