Sadaharu HORIO

Profile

1939 Born in Kobe
1965 Joined Gutai Art Association (until 1972)
1977 Produced the series ”Atarimae-no-koto (A Matter of Cour se)”
2015- Lives and works in Kobe, together with his wife and art ist Akiko Horio

Solo Exhibitions

1966 Shinanobashi Gallery, Osaka
1968 Gutai Pinacotheca, Osaka
1978 Event & Neglect, Gallery Kitano Circus, Kobe
1979 Utsubo Gallery, Osaka
Fabric,Higashimon Gallery, Kobe
1980 “Simultaneous Space: Black” Paint, Box Gallery, Nagoya
“From Shape to Quality”, Higashimon Gallery, Kobe
“Now (Succession/Connection)”,Utsubo Gallery, Osaka
1982 Art Space Niji, Kyoto
1985 ”A Matter of Course: ‘Painting,’ ‘In Order,’ ‘Up and U p,’ and ‘Point/Point’ ”, Gallery Cuore, Osaka
1987 “Shikimen/IRO/Iro”, Rokken Gallery, Kobe
1988 “Stone”, Fuji Gallery, Osaka
1989 “Sumi: Tools and Expressions”, Fuji Gallery, Osaka
1991 “Idiotic Works -- A Matter of Course: With Things That are There”, Studio You, Miki
“Contemporary Artists: Sadaharu Horio Exhibition”, Paper Museum, Kawanoe
1992 “A Matter of Course: Here, Gallery Second House Two, A shiya
1993 “Slacking Off, Cheating, and Cutting Corners”, Gallery 2001, Kobe
1995 “A Matter of Course (A Little Bit)”, Art Space Niji, K yoto
“Black Adventure: Despite Obstacles”, Nano-Rium, Ya manashi
”Earthquake Landscape”s, Riran’s Gate, Kobe
1998 ”With Things That are There”, Gallery Keller, Paris
1999 “A Matter of Course: According to the Place”, Ochanomi zu Gallery/Awajicho Gallery, Tokyo
2000 ”Unpredictable: Horio’s Art”, Hirakata Municipal Goten yama Art Center, Osaka
”Earthquake Art: Five Years of Restoration”, Ataka Museum of Art, Tokushima
2002 ”Sadaharu Horio Solo Exhibition: Ordinary Things”, Ash iya City Museum of Art & History
2011 ”Sadaharu Hori”o, Axel Vervoordt Gallery, Vlaeykensgan g, Antwerp
2014 BB Plaza Museum, Kobe
2015 Axel Vervoordt Gallery, Hong Kong
”Atarimae-no-koto(3kg Painting)”, imura art gallery, Kyoto

プロフィール

1939  神戸市に生まれる                                                         
1965 具体美術協会会員となり1972年解散まで参加
1985 「あたりまえのこと」という一貫したテーマのもと活動
2018 死去

主な個展

1966 個展 信濃橋画廊(大阪)                       
1987 「今日の作家シリーズNo20 堀尾貞治展」大阪府立現代美術センター (大阪)
1995 「あたりまえのこと「囲む」」画廊みやざき(大阪)
  「墨」ギャラリー・ナノ・リウム(山梨)
  「道具と表現 インパクトドライバーによる」不二画廊(大阪)
  「あたりまえのこと(場にあわせて)」ギャラリー2001(神戸)
1996 「ガラコト」アートスペース虹(京都)
  「誰の作品どんな作品か」ギャラリークオーレ(大阪)
  「あたりまえのこと(線)」画廊みやざき(大阪)
  「あたりまえのこと(ATSUKAN)」Lads Gallery(大阪)
  「あたりまえのことめをつぶって1234567」不二画廊(大阪)
  「まるづくし」ギャラリー翔(神戸)
1997 「阪神大震災絵画展」(山梨県庁)
1998 「震災風景展」現代っ子センター(宮崎)
2000 「あたりまえのこと 神出鬼没」 御殿山美術センター(大阪)
2001 「あたりまえのこと 白紙に戻す」ナノ・リウム(山梨)
2002 「あたりまえのこと」 芦屋市立美術博物館 (兵庫県)
2006 「マイ・ルール展」ボーダレス・アートギャラリーNO-MA(滋賀)
2011 「Frankfurter Positionen ATARIMAE-NO-KOTO」(ドイツ・フランクフルト)
2012 「Explosion! Painting as Action」、2日間のパフォーマンス(スウェーデン・ストックホルム)
2014  「あたりまえのこと<今>」BBプラザ美術館(神戸)
2015  「Sadaharu Horio」 Axel Vervoordt Gallery(香港)
  「あたりまえのこと「3kg絵画」」イムラアートギャラリー(京都)
2016 奈良・喜多ギャラリーにて千点以上の絵画を制作(2月〜11月)
   
   
   

>主なグループ展

1957 「第10 回芦屋市展」 以後連続出品(兵庫)
1964 「1964 京都アンデパンダン展」出品 以後連続出品、京都市美術館(京都)
1965 「具体新人展」グタイピナコテカ (大阪)
1967 「第4回国際青年美術家展」(東京)
1970 「万国博覧会( みどり館、美術館庭「ガーデン・オン・ガーデン」) 」(大阪)
1972 「第1回芦屋ビエンナーレ」(兵庫)
1973 「日韓現代彫刻展」( 神戸)
1976 「アート・ナウ 1976 」(神戸)
  「1976京都ビエンナーレ」(京都)
1979 「実験34 人の方法と展開」(京都)
1981 「アート・ナウ 1970 ~ 1980  WATERBAG & 棒」(神戸)
  「空間ー知覚の拡がり展」( 京都)
1982 「明日の美術館を求めてー美術劇場」(神戸)
1983 「離脱の空間展」名古屋市美術館(名古屋)
1986 「Crossing ‘ 8 6 Japan-Hawaii ―日本、ハワイ現代美術交流展」(東京)
  「第4 回大阪現代アートフェア」(大阪)
1987 「今日の作家シリーズN o 2 0 」(大阪)
  「ARTISTSCAMP 8 7 」高松市立美術館(高松)
1988 「物十物展」(東京・韓国)
  「位置展」姫路市立美術館(姫路)
  「スクエアー展」倉敷市美術館(倉敷)
1989 「墨の世界展」(滋賀)
1990 「兵庫の抽象3 人展」(神戸)
1992 「具体美術協会の作家たち」宮城県立美術館(宮城)
1993 「第1 回六甲アイランド(F W ・F ・O ・A ・P ) 展」(神戸)
  「Gutaisuite ? 展」(フランス・トゥールーズ)
1994 「丹南アートフェスティバル」(福井)
  「心の時代 彫刻と造型」(新潟)
1996 「アート・ナウ ‘ 96 ー在ることの根源へ」(神戸)
1997 「発信する現代美術 WE ARE HERE AGAIN 」(東京)
1998 「MATSUTANI & HORIO 展」(フランス・トゥールーズ)
1999 「ゲーム・オーバー展」ワタリウム美術館(東京)
2002 「未来予想図~ 私の人生☆ 劇場~ 」兵庫県立美術館(神戸)
2005 「横浜トリエンナーレ」堀尾貞治& 現場芸術集団「空気」、2 日間のパフォーマンス(横浜)
2006 「マイ・ルール展」ボーダレス・アートギャラリーNO-MA(滋賀)
2007 「呼応する精神」カールトン大学(カナダ・オタワ)
2008 「第1 回姫路城 現代美術ビエンナーレ2008 展」(姫路)
2009 「InFunitum 展」、パフォーマンス、フォルトゥニー博物館(イタリア・ヴェネツィア)
2011 「THE SPIRIT OF GUTAI: HORIO and MATSUTANI展」 (ドイツ・フランクフルト)
2012 「 「具体」- ニッポンの前衛 1 8 年の軌跡展」国立新美術館(東京)
2013 「Gutai: Splendid Playground 展」 パフォーマンス、グッゲンハイム美術館(ニューヨーク)
  「TAPIES: The eye of the artist 展」フォルトゥニー博物館(イタリア・ヴェネツィア)
2015 「Art Brussels 2015」(ベルギー・ブリュッセル)
2015 ThinkTank lab Triennale : Two Sticks / ヴロツワフ建築美術館、ポーランド・ヴロツワフ
2016 アートフェア「2016 BAMA」 / 韓国・釜山
  Process, Performance, Presence / ブラウンシュヴァイク・アートセンター、ドイツ・ブラウンシュヴァイク
  A Feverish Era in Japanese Art(オープニングパフォーマンス)/ BOZAR ブリュッセル美術センター、ベルギー・ブリュッセル